お電話でのお問合せはこちらまで

03-3698-6622

東京都江戸川区西瑞江3-19-10  MAP

当院コロナウイルス対策について

About our coronavirus measures

当院のコロナウイルス対策について

新型コロナウィルスへの対策として、当院では従業員の衛生管理及び、定期的な院内の消毒に取り組んでいます。

皆様に安心してご来院いただける環境作りのため、以下のことを行っています。

皆様のご協力もよろしくお願い致します。

 

(1)獣医療スタッフの感染予防対策
・出勤前の体温測定を実施し、発熱、並びに特定の症状がみられた従業員の出勤停止
・定期的な手指消毒、うがい、水分補給の徹底
・マスク着用の徹底
・新型コロナウイルスが患者オーナー、獣医療スタッフに出た際の対応マニュアルの作成

 

(2)患者オーナー様の感染予防対策

1.待合室・診察室において
受付にアルコール消毒を設置しているほか、ビニールシートを設置し飛沫感染防止に取り組んでおります。

待合室には空間除菌システムを設置するほか、換気扇を24時間使用し、窓を開けての部分的な換気(動物の逃走を防ぐため)を行います。
診察室の処置室側のドアを開放して診察を行うほか、空間除菌も強化しています。
定期的な床、待合室ソファ、ドアノブ、手すり、カウンターの消毒を行っています。
また、待合室は基本的に一組のみの利用とし、二組目以降はお車か屋外でお待ちいただきますようお願いしております。

 

2.ご来院の際は駐車場でもお待ちいただけます
出来るだけ診察や検査、薬の受け取りなどの待ち時間は車中や院外でお過ごしください。
車での来院時は駐車場到着時にお電話をいただけましたら電話でも受付致します。
受付後、お車または屋外でお待ちいただければ順番が近づきましたら、お電話を差し上げます。

 

3.待合室の混雑緩和のために
長期に内服が必要な患者様へ
心臓病や肝・腎臓病、内分泌疾患、自己免疫疾患等で長期の内服が必要な飼い主様は、診察の2~3日前にお電話を頂ければお薬をあらかじめ用意しておいて、診察終了後すぐにお渡しできるよう対応可能です。
継続して処方が必要な患者の方々は電話による問診の上、お薬のみお送りすることも可能にします。普段より柔軟に対応いたしますので、ご相談ください。
混雑緩和のため、来院は極力1名様まででお願いいたします。付き添いの方は車中、病院外での待機をお願いいたします。出来る限り当院スタッフで補助しますのでお気軽にお申し付けください。

また、患者を一時的にお預かりし、ご指定いただいた時間に再度オーナー様に来院していただくという方法をとることも可能です。

 

4.ご来院の際のお願い
ご来院の皆様におかれましては、風邪や季節性インフルエンザ対策と同様に咳エチケットや手洗いなど通常の感染対策をお願いいたします。来院時、お帰りの際は受付にある手指消毒を行ってくださいますようお願いいたします。

 

当院としても初めての取組みも多いため、至らない部分が出る可能性もございます。
皆様に快適に診察を受けていただくための措置でございます。
何卒、ご理解ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

 

また、飼い主様より、「犬・猫への感染は大丈夫なの?」というご質問を多数いただくようになりました。
日本獣医師会といたしましては、現時点では感染サイクルの主体は人ですが、感染した人と濃厚接触のあったペット動物への感染の可能性は否定できないと考えます。
いずれにいたしましても、現時点では、飼い主がしっかりした感染防御の対応をとることが、ご自身のペット動物を感染から守るためにも、最も重要だと考えます。
JBVP(日本臨床獣医学フォーラム)から、犬への新型コロナウィルスの影響についての情報が発表されておりますのでご確認ください。

JBVPへのリンク
http://www.jbvp.org/

 

また、アニコム損害保険株式会社のペット保険をご利用のオーナー様へ、

もしもオーナー様が新型コロナウイルスにかかってしまった場合にペットを預かる新たな取り組みが発表されています。

詳しくは以下をご覧ください。
https://www.anicom.co.jp/release/2020/200410.html

 

当院としても初めての取組みも多いため、至らない部分が出る可能性もございます。
皆様に快適に診察を受けていただくための措置でございます。
何卒、ご理解ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。