お電話でのお問合せはこちらまで

03-3698-6622

東京都江戸川区西瑞江3-19-10  MAP

猫の病院シュシュの特長

Syusyu cat clinic features

猫のための、どうぶつ病院

Veterinary hospital with specialized medical treatment

2005年12月20日、江戸川区に猫専門のどうぶつ病院シュシュが誕生いたしました。
犬猫やエキゾチックの動物病院は日本中数多くありますが、猫専門のどうぶつ病院としたのは
ひとえに「病気を我慢してしまう猫だからこそ、 専門性の高い動物医療を提供したい」という気持ちからでした。

猫ちゃんは病気を人に見せない、とてもデリケートな動物です。そして何より、昨今の医療技術の向上により、猫ちゃんも高齢化してまいりました。 当然の事ながら、年齢を重ねた猫ちゃんの治療は、体力的に危険を伴う可能性を秘めています。また、猫ちゃんに心身ともに大きな負担になります。

「愛らしい猫ちゃんとあなたに、末永く暮らして欲しい。」 だからこそ、気兼ねなくこれるような病院を創ること。
そして病気になりにくい体作りや予防はもちろん、病気と闘う獣医師として「質の高い動物医療の向上を目指す」こと。
それは当院の揺るぎない想いなのです。

獣医師3名による万全の診療体制

Perfect medical system with 9 veterinarians

猫の病院シュシュキャットクリニックでは専門科診療を行う常勤獣医師2名、非常勤獣医師1名で診療を行っています。

スタッフもみんな動物が大好きで、言葉を話せない猫ちゃんの立場に立って診療をしています。

また、出来るだけ猫ちゃんに負担をかけないような診療を心掛けています。

診療内容に限らず、飼い主様の不安や思いも、お聞かせ下さい。

夜間・休日も緊急対応で安心

Safe at emergency response at night and on holidays

大切なペットが、夜中に急に調子を崩してしまったら……。休日にケガをしてしまったら……。

私たち人間同様、猫ちゃんたちも、いつ病気になってしまうかはわかりません。

たとえば夜間や休日に、病状が悪化してしまったり、ケガをすることもありますよね。

猫の病院シュシュでは、夜間・休日も対応できる体制を整えています。

30年以上の診療実績

Medical treatment for more than 30 years

猫の病院シュシュは診療を始めて約30年以上が経ちました。江戸川区のこの地域で老舗動物病院としてやってこれたのも、一重に地域のみなさまのおかげだと感じております。

これからも病気で苦しんでいる子たちのお役に立つことで、恩返しをしていければと思い、日々知識や技術研鑽をしております。

猫のどうぶつ病院シュシュには、熱意のある獣医師やスタッフが揃っています。なんでもお気軽にご相談下さい。

獣医療の質を高める取り組み

Efforts to enhance the quality of veterinary medicine

私達、猫の病院シュシュの獣医師は、様々な学会・勉強会に積極的に参加しています。

院内でも、1年を通して血液診断・超音波診断のスペシャリストから直接、学術・技術指導を受けて自己研鑽に励んでおります。また、獣医師、動物看護師ともに当院のスタッフはみなJALアカデミーという医療業界向けの接遇研修にも受けております。